お知らせ

山菜パーティー

四月第三週、今年も花立山荘年中行事の一つ、山菜パーティーを開催しました。

前日、近くの山河に入り、セリ、タラの芽、ヨモギ、ノビルなどを摘み、ウドやコゴミなどは「地場さんず」で調達、20名ほどのお客さまを迎えました。大ざるに並べられたこれら山菜は、セリはお浸しに、多くは天婦羅の食材となってお客様の夜の食卓に提供されます。

0415No1

 

0415No2

スタッフ近くの畦道で調達したノビルもこうしてグラスに準備するとちょっとした高級感がありますね。

花立山荘は、秋は「猪鍋パーティー」が恒例となっており、季節に応じた食材でお客さまをお迎えしていますので、ご希望の方は、ご連絡ください。

ボッカが済んでから下山したため、パーティーの様子は、掲載できませんでしたがご想像にお任せします。

なお、花立山荘は、5月の連休中、4月29日の土曜日から5月7日の日曜日まで、休まず営業の予定です。

ご宿泊ご希望の方は、ご連絡ください。

薪ストーブ

「蒔き割り 飯炊き 小屋そうじ  みんなでみんなでやったけ・・・」

ご存じ成蹊大学山岳部歌「山の友に寄せて」の歌い出しです。

花立山荘は、再開業から30年余り、高橋オーナーの山小屋へのこだわりもあり、冬は薪ストーブで暖をとっています。現在のストーブはその2代目。

i1210no4

 

燃料となる薪は、その殆どが、オーナーの知り合いから譲り受けたものであるため、荷上げしなくてはなりません。今日のボッカの中心は、その薪でした。i1210no3朝から青空に映える雪を纏った富士山を拝む余裕が生まれるのは、やっとのことで小屋に辿りつき荷を下ろした時でした。i1210no2

 

 

 

 

 

 

 

 

「煙い小屋でも黄金の御殿・・・」 雪山賛歌で歌われるようなロマンチックな雰囲気には遠いかもしれませんが、火入れに戸惑うと小屋中が煙で充満することもたびたび。そんな、薪ストーブと豆たんアンカのある小屋で冬の丹沢を味わってみませんか。

さて、今日はブログ出だしの山岳部OB、燕山荘に出向していた松崎君が7ケ月ぶりに、小屋に戻ってきました。少し痩せた感じで、燕山荘での苦労もあった様子。i1210no5i1210no1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬季の間、とくに年末・年始は、花立山荘のスタッフとしての活躍を期待しながら、松ちゃん一人小屋に残し今日もまたボッカだけ済まして小屋を後にしました。

P.S オーナーの PCが復帰しましたので、これまで通りご予約等のお問い合わせは、PCアドレスも可能ですが、ご予約については、確実性を期すため、携帯メールかFAXでお願いいただければ幸いです。

盛夏

立秋を迎えたとはいえ、夏本番。丹沢もその例から外れることはありません。
早朝からギラツク太陽のもとでのボッカにも辛い季節です。

No1小屋入口の温度計もご覧のとおり。さすが、標高1300mでは、30°を超えることは殆どありませんが、暑いことには変わりません。山の天気は変わりやすく、午前中には雲も沸いてせっかくの景色を楽しみにみえた登山者には残念です。

No2

No3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週、TBSテレビの取材を受けました。水をテーマにした、山の日の特集とのことですが、どのような形の放映になるか楽しみです。

No4

さて、8月11日の山の日は、営業します。11日はいったん、小屋を閉めますが、12日から14日は営業することになっています。高橋オーナー、金ブンと小屋の中心は不在ですが、非正規担当者ですがフレッシュ?なスタッフで皆様をお待ちしております。
なお、そのような状況ですので、メールでの宿泊予約は確認できない可能性もありますので、ご宿泊ご希望の方は、FAXでのご連絡をお願いいたします。

「女性自身」に掲載されました

7月4日付けのブログで触れましたが、花立山荘の「かき氷」が、今週発売、8月9日号の週刊誌「女性自身」の特集「夏山レストランで絶景頂きます」の31ページに4分の1カットの扱いで掲載されました。

同じページには、「涸沢小屋」「大山ビューカフェ」「東富士山荘」も紹介されていますが、著作権に触れますので詳細は遠慮させていただきます。

7月に入り、「豪雨の中の開聞岳登山」「自治会の河川清掃」「代替授業日」と3週連続でボッカを休みましたが、この紹介記事に元気をもらい、今週から、またボッカも再開します。

なお、来月8月11日「山の日」は、9時頃から日中、営業します。紹介されました「かき氷」も準備してお待ちしております。

スタッフ変更・追加のお知らせ

さてさて、GWもあとわずか。

この土日のご予定はいかがでしょう?

明日明後日のスタッフですが、以前お知らせした際と変更がございます。

 

5/7 エノモト先生、かなぶん、めぐ

5/8 高橋オーナー、かなぶん、めぐ

 

7日はお部屋にまだまだ空きがございます!

宴会を担当するのは…

 

ワイン大魔王かなぶん

DSC03603

 

そば焼酎の妖怪めぐ

DSC04409

 

 

連休最後、共に楽しい夜を過ごしませんか。

ご予約、当日飛び込み、お待ちしております!

 

GWの営業・スタッフのご案内

大倉尾根をご利用のお客様もそうでない方も、いつも大変お世話になっております。

自由奔放な花立山荘です。

今年のGWのご予定はいかがでしょうか?

山荘のGW営業日とスタッフカレンダーが確定しましたのでお知らせ致します。

 

 

【山荘営業日:4/29~5/8】

4/29 大原さん、かなぶん

4/30 高橋オーナー、大原さん、かなぶん

5/1   高橋オーナー、大原さん、かなぶん

5/2   高橋オーナー、かなぶん

5/3   高橋オーナー、大原さん、かなぶん、めぐ

5/4   高橋オーナー、大原さん、めぐ

5/5   高橋オーナー、エノモト先生、大原さん、めぐ

5/6   エノモト先生

5/7   高橋オーナー、エノモト先生、かなぶん

5/8   高橋オーナー、かなぶん

【スタッフ紹介】

DSC03550☆高橋オーナー (得意分野:日本酒辛口)

みんな大好き我らがミスター花立!

度量は富士の如く雄大で、その愛は樹海より深い。

色々すごい方なのに決して偉ぶらないハンサム代表。

ちょっぴり滑舌が悪いのもご愛嬌。

守さんを訪ねて小屋を訪れる人は数知れず。

でも基本はエロオヤジです。

DSC04287

 

 

 

 

 

☆エノモト先生(得意分野:ウイスキー、焼酎全般)

その名の通り先生。博識で話が面白い。

穏和ですが経験した山行はなかなか凄まじい。

お腹の肉を移植してホニャララ…なんてレジェンドも。

普段は土曜日帰りのため、連泊はとてもレア!

 

DSC04101

☆ダジャレの大原(得意分野:アルコールからエタノールまで)

ダジャレに関しては師範レベルで右に出るものはいない。

そのあまりにも巧みなシャレは聞く人全てをおいてけぼりにする(滑っている、とも言う)。

でも実は社交ダンスの達人だったり。

大原ですが資格は取れません。

 

DSC04018

☆かなぶん(得意分野:赤ワイン)

花立山荘期待のホープで、とにかくパワフルな頼れる兄貴。

彼の辞書には「人見知り」という単語が存在しないため、いつも人が寄ってくる。別名カナブンホイホイ。

花立スタッフ歴は2番目に短いものの、かなぶん目当てのお客様もけっこういる。

奥さんと勝沼ぶどう郷が大好きな永遠のハタチ。

 

1461556136911

☆めぐ(得意分野:カティーサーク、蕎麦焼酎)

本名とあだ名の不一致率100%な花立2年生。

高橋オーナーのひょんな勘違いと「名前呼びづらい」という理由から「めぐ」と命名され、すっかり定着してしまった。

もはや誰も本名を知らない疑惑が浮上している。

秦野市民に紛れる唯一の甲府市民。

 

 

以上、GWを彩る?個性溢れる5名のスタッフでした。

小屋の空き状況は日によって異なりますので、ご宿泊のお客様、特に個室ご希望の方は事前にお問い合わせください。

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

黒衣の天使リターンズ

2016.4.23

昨年9月に再会を約束して姿を消したあのお方を、皆様覚えてらっしゃるでしょうか。

シースルーの器に注がれた艶やかな寒天、黒衣と対照的な真っ白なオモチ…

 

 

そう。

 

 

 

今年も遂に、ていうかもう今月頭に、ちゃっかり帰ってきてました。
花立夏期限定スイーツ・冷やしぜんざいです!

 

発売始めてまだ日は浅いですが、なかなかの売れ行き。

この日は団体様でもご注文いただく人気っぷりです!

DSC04414

(召し上がっている最中だったにもかかわらず、快く撮影・掲載の許可いただきました。ありがとうございます!)

 

 

もちろん花立ナンバーワンスイーツはかき氷ですが…

実はかき氷、通年食べられるんです。
冬にご注文いただくことは限りなくゼロに近いですがネ。

 

一方この冷やしぜんざいは在庫無くなり次第終了の完全に期間・数量限定!
未体験の方はもちろんリピーター、去年食べ損ねた方、むしろもう皆さん是非ご賞味ください。

春の訪れ

4月も第2週に入り、ソメイヨシノも散り初めて、木々の芽吹きも感じられるようになりました。

ボッカの起点としている、戸沢の山桜も満開、これから山桜前線も斜面を駆け上っていくようです。

0409No1

 

 

 

 

 

 

 

 

0409No2

 

 

 

本谷の水もぬるみ、この時期なら山ヒルと仲良くならなくても済むと思います。

 

 

 

 

 

 

さて、来週の山荘は恒例の「山菜パーティー」です。現在、十数名の予約のお客さまが予定されています。が、都合が悪くて、今週に泊まりたいというお客さま数名のために、高橋オーナーの一言でスタッフが手に入るだけの山菜と地元の春野菜を準備しました。

タラの芽、セリ、ウド、コゴミ、ノビル、菜の花、スティックブロコリーなど天婦羅やおひたしでお迎えです。来週の本番は、さらにパワーアップの予定です。ご予約されたお客さまは楽しみにして登ってきてください。

0409No3

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の大倉尾根は、天気予報に誘われ多くの登山者がみえました。青空が見えたり、ガスったりで不安定な天候でしたが、春を感じさせる一日でした。

0409No4

 

ところで、スタッフの一人の松ちゃんが、今週限りで、尾瀬の小屋に出向します。戻るのは、12月になるようです。ファンの方は残念ですが、他にも魅力的な小屋番もいますので、小屋にお立ちよりください。

また、4月末から5月の連休の小屋ですが、4月29日(金)から5月8日(日)まで小屋のスタッフを総動員して連続に営業します。ご宿泊のご希望がありましたら食材の荷上げの予定もありますのでご連絡よろしくお願いします。

君を待っていたよ。


日帰りで小屋を利用するお客様は、お食事目的の方がほとんどです。

お食事ほどではないですが、こんなお問い合わせでいらっしゃる方々も。

 

「あの、ピンバッジありますか?」

 

 

 

ピンバッジ。

その山を訪れた証。

コレクトしている方も多いことでしょう。

 

翌日筋肉痛必須の階段地獄を抜けたその先にそびえる花立山荘は、まさしくバカ尾根のオアシス。

そこへピンバッジを求めキラキラと目を輝かすお客様に対し、我々スタッフが放った一言は。

 

 

「すみません無いのです……」

 

 

 

 

流れる沈黙。

期待を裏切られ一瞬固まったのちに、肩を落とすお客様。

 

「あ、そうなんですね…」

 

 

カラカラ、ピシャン。

 

 

引き戸を閉める音が、虚しく山荘内にこだました…

 

 

 

 

 

なーーーんて悲劇惨劇を繰り返したのも昔の話。

 

なんとついに!

花立山荘ピンバッジが発売しました!!

image

くっなんて分かりづらい写真…。

花立山荘にトレードマークかき氷の旗がデザインされています。

おひとつ500円!

 

販売を始めたのは昨年末からですが、これがなかなかの売れ行きなのです。

売り切れる前に、是非みなさまお買い求めくださいね〜!

「ぬくもり」はじめました。

2015.10.10-11
土曜 概ね晴れ
日曜 雨のち曇

 

今年の3連休も今回含めあと2回だそうですね!
貴重な連休、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今週の丹沢は冷えました。
山荘へ向かう途中では「動いているといいけど、止まると寒いねぇ」なんて声がちらほら。
温度調節のできる服装で、快適な登山をお楽しみください。

 
さてさて、今週の山荘はといいますと…
守さんの手によって、山荘の番長こと薪ストーブが解禁されました!
扉を開けた瞬間に温もりがじゅんわ〜り体に染み込んできて、疲れを癒してくれますよ。
思わず「ほっ」とため息が出ること間違いなしデス。
image

 

と、せっかく解禁したのに日曜日は雨…。
登山者もぐっと減り、スタッフは小さなお客様と玄関口で戯れておりました。中にお入れすることができず残念です。
image

 

来週は猪肉を使った牡丹鍋パーティーが開催されます!
お一人様2食付6000円、17時スタートです。

ストーブを囲って暖かい鍋を堪能しながら、賑やかな夜を過ごしませんか。
まだまだご予約承り中です!

 

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。
image