山小屋日誌

雨が降っても花見酒

2017.4/22-23

 

ぶえっくしょーーーいいぃぁ゛!

暖かい陽気…しかしそこに潜むはふんだんに散りばめられた花粉たち。

麗らかに咲き誇る花を愛で心踊らせる女子を尻目に、鼻の奥の刺激を少しでも押さえるべく花粉症対策に奔走しているスタッフです。

くしゃみが完全におやじ?ほっとけ

 

 

春がきた!といっても4月はもう下旬。

年度始め仕事がやっとこさ一段落したので、ご無沙汰してしまった花立山荘へ向かいました。

 

がしかーし2ヶ月ぶりの大倉尾根が優しい

わ  け  が  な  い  。

デスクワークでたるんだ腹と四肢、筋肉の対価として蓄積された脂肪。

見事に打ちのめされます。

 

ひぃ。長い。前を向いたら心が折れる。

ただいたすらに足元だけ見つめ一歩一歩を積み重ねていると、ふと前方から自分の名前(といっても源氏名)を呼ぶ声が。

ぱっと顔をあげるとそこには常連さん。

わ~帰ってきたなぁ、と実感しました。

 

他愛のない会話を楽しみ、ブログ楽しみにしてるよ!とこの上なく嬉しいお言葉に励まされ再び歩き始めます。

散りつつある桜に青々と伸びる野草と季節の混在を楽しみながら、赤い屋根の見慣れた山荘に到着しました。

 

 

今宵のご宿泊は12名。

うち常連さんは12名。

ハイ~きましたきました。もうこの後のブログの展開は想像するに容易い。

もう書かなくてもお分かりですよね。

 

飲んで騒いで飲んだくれました。

~終~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやーまてまて。確かに毎回コレです。

でも毎回が特別な夜ですからね!

ささ、今週末の宴会の様子いってみましょうか。

DSC_1146

あいも変わらずテーブルを越えグループを越え…合コンだったら司会要らずの主体性を皆さまお持ちのようで。

楽しくてなによりでございます。

 

とにかくお酒の減りが早い早い。

 

中には今年1月に入籍したばかりのご夫婦が!

おめでとうございます!!!

 

そりゃーお酒の減りが早い早い。

 

話題の大半が大人テイスト。

モザイク必須の発言や行動に大盛り上がり。

なんだ結局エロかよ!

 

あーあーお酒の減りが早い早い。

 

挙げ句のはてには実演。

DSC_1139

山男たちは常に攻めの姿勢である…

 

 

お酒の減りがはや……もう寝なさい。

外の雨嵐なんざものともせず、話題に咲く花をツマミに今宵も宴会は過ぎていきました。

 

 

 

翌日、オーナー守さんとブログスタッフは私用のため朝に下山。

守さんと初めて大倉尾根を下ります。

それにしても…途中守さんにお声がけされる方の多いこと多いこと。

後ろでその背を見つめながら改めてオーナーのお人柄を感じ、昨夜の雨で散ってしまった桜を踏みしめ初夏漂う丹沢を後にしました。

_20170423_121439

 

山菜パーティーⅡ

さあ、来週末はゴールデンウイークのスタート。

とはいうものの、世の中の喧騒とは縁のない方も多いのではないでしょうか。かくいう私も同類ですが、体力のあるうちは、週末の歩荷だけは続けたいと思いながら、今日も荷上げとトイレ清掃だけ済ませて下山しました。

さて、先週の山菜パーティーに合流できなかったお客様のため、今週末も豊富な山菜を準備しました。先週は間に合いませんでしたが、高橋オーナーの郷里、岩手からの「ふきのとう」も届き、夜の食卓に並びます。

0422No20422No1

これら山菜が、宿泊のお客様にどのようにして振る舞われるか、今日は、もう一人のブログ担当が、山荘に登ってくるとのことですので、その報告をご期待ください。

 

山菜パーティー

四月第三週、今年も花立山荘年中行事の一つ、山菜パーティーを開催しました。

前日、近くの山河に入り、セリ、タラの芽、ヨモギ、ノビルなどを摘み、ウドやコゴミなどは「地場さんず」で調達、20名ほどのお客さまを迎えました。大ざるに並べられたこれら山菜は、セリはお浸しに、多くは天婦羅の食材となってお客様の夜の食卓に提供されます。

0415No1

 

0415No2

スタッフ近くの畦道で調達したノビルもこうしてグラスに準備するとちょっとした高級感がありますね。

花立山荘は、秋は「猪鍋パーティー」が恒例となっており、季節に応じた食材でお客さまをお迎えしていますので、ご希望の方は、ご連絡ください。

ボッカが済んでから下山したため、パーティーの様子は、掲載できませんでしたがご想像にお任せします。

なお、花立山荘は、5月の連休中、4月29日の土曜日から5月7日の日曜日まで、休まず営業の予定です。

ご宿泊ご希望の方は、ご連絡ください。

Everyday is someone’s birthday!

春本番!とまではいかないものの、暖かくなってきましたね。

甲府の地からコンバンワ、お調子者スタッフ久々のブログ更新です。

 

 

なんとまぁ月曜夜からなにやってんの…と中途半端なタイミングですが、たまたま文章が浮かんだもので。

気の向くままに記録させていただく所存です。

けっして今週末の予約が全くないから少しでも宣伝を……なんて商業的下心を丸出しにしているわけではありません。

けっしてそんなことでは。ありません。

 

たぶん。    うぐっ

 

 

 

 

はいっ前置きはこれくらいにして。

2月某日、スタッフこの上なく嬉しい夜を過ごすことができました。

 

ノーゲストをいいことに酒盛りを楽しむオーナーはじめスタッフたち。

スタッフオンリーの光景が珍しくない…なんて小屋運営的に考えたらお顔真っ青モノなんですが、これはこれで楽しいからいいんですよ~なんて。

豪快に酒を浴びては他愛もない話で盛り上がりました。

DSC04850

景色も見事なものでお酒が進む進む。

 

この日はかなぶんがフンパツして最高級の肉を提供。

ツマミもおいしいとなればアルコールを注ぐ手が止まりません。
IMG_20170204_191445_607

うまぁ~~~~い!!!

 

赤身肉大好きブログ担当、酷使した四肢に上質なたんぱく質を補給せんとばかりに肉を頬張りました。

なぜこんなにも贅沢だったかというと…

 

_20170227_213746

 

スタッフの誕生日が近かったため、みんながお祝いしてくださったのです。

守さんからはストック、かなぶんからはお肉、ねこちゃんからはかわいい靴下とリップグロスとお塩をいただきました。

とても嬉しく幸せな夜でした。

ありがとう~~~大好きです!

 

 

当山荘では、お客様にもこうしたお誕生日サービスを提供したいと考えています。

特別な日を、特別な場所で、特別な形でお祝いしてみませんか。

ぜひ花立山荘に、そんなスペシャルな日のお手伝いをさせてください!

 

 

今日も誰かの誕生日。

ご予約お待ちしておりまーす!

 

 

 

 

DSC04863

(ケーキのネームプレートは案の定ご覧の通り。この小屋の皆様、私を本名で呼ぶ気1ミクロもないなぁ…)

 

 

晴天に誘われて

今年2回目の祝日。そして土曜日、2日間続いた生憎の空模様が一転、丹沢も里の天気と同様に爽やかな晴天の朝を迎えました。昨夜来の雪が心配されましたが、ボッカの起点としている戸沢の駐車地点までも難なく到着、いつものように2時間余りの苦行の開始です。

No1

朝からの晴天に誘われてか、大倉尾根にも、10時頃になると、雪を纏った丹沢の尾根を目指して多くの登山者を迎えました。No3No2

 

 

 

 

遠く、大島にも積雪が見られ、利島、新島もくっきりと見え、大山や、三の塔もちょっとした冬山の装い。

No4

No5

さて、今日の小屋といえば、宿泊のご予約はなし。オーナーと大原さん、男2人でしっぽりと雪見酒とか。とても絵にはならないですね。

 

快晴・無風

小屋の状況も気になったので、久しぶりにウィークディーの歩荷、年末積み上げられていた薪も、一日2回の歩荷をして頂いた方も現れて、今日の歩荷でとうとう残3束になりました。荷上げへのご協力ありがとうございました。

今日の丹沢は、里の天気と同様に、快晴・無風の絶好の冬山日和。雪も解けて、寒さも感じさせない春山の山容でした。富士山や愛鷹の峰々も穏やかな姿で、大倉尾根を登ってこられた方を迎えていました。

2017/ 1/26 13:00

2017/ 1/26 13:00

1月になって、丹沢も天候に恵まれることが多く、先週末の土曜日は、風も強かったせいもあり、遠く伊豆七島の神津島まで見ることができました。丹沢から南アルプスや、伊豆七島の島々を眺望することができるのは、寒さにめげず登ってきたご褒美でしょう。

日の落ちるのもだんだん遅くなって、ダイヤモンド富士も近くなってきました。

ボッカ納め

12月23日から三連休、中には今日から年末年始の長期休暇の大企業もあるようです。
祝日の今朝、計画していた八ヶ岳山行が山仲間との調整のため中止となってしまいましたが、朝の好天に我慢できず、急遽今年最後のボッカをすることにしました。
ボッカ用に積み上げられた薪の量は前回のまま、全く減ることもありませんでしたが、2016年も1年間、元気に最後のボッカを無事迎えることができたことに感謝、今日は5束の薪を愛用の背負子に荷造りし、天神尾根の荒廃した登山道と格闘しながら2時間、無事、小屋に届けることができました。

i1223no2i1223no1

明日はクリスマスイブの週末。山荘でもイベントもあるとのことでしたが、老兵には縁もないので今年1年間ボッカで鍛えた身体に感謝し、次の山行に思いをはせながら今日の小屋番の大原さんを一人残し、小屋を後にしました。
クリスマス、年末、年始の小屋の華やかな様子は、もう一人のブログ担当が記載します。乞うご期待

トナカイレス・サンタ

2016.12.17-18

 

三連休に突入しました!

暦通りお休みの方には嬉しい週末ですね。

ささ~今更感がありますが、先週の山荘の様子と今週末の告知を。

最後までお付き合いくださいな。

 
ここ最近はお天気に恵まれ、富士山もその麗しくもたくましいお姿を毎週お披露目してくださいます。

dsc_0999

いやはや、鷹に真珠とでも言いましょうか。

その稜線だけでも人々を魅了するというのに、夕日が加わることでよりいっそう艶やかに。

富士山並みの色気がほしいですね~。

まずはその食い気をどうにかしろ、という声が聞こえてきました。

やかましい。

 
2名の方にご宿泊いただき、スタッフ含め5人でストーブを囲みながらアルコールを堪能しました。

 
 
さて翌18日には、山荘に1週間早いサンタさんが!
ででーん!

dsc_1012

…ん。

サンタクロースにしては若すぎるっちゅーか…

ちゃんと赤い衣装キメてるのひとりだけやんけ…

サンタもアシッ○ス着るんだなぁ…

ていうか半袖?!

 
 
まぁまぁツッコミはそれくらいで。

なんと法政二校の登山部の皆様から、大量のお水をいただきましたー!!!!!!

dsc_1009

じゃじゃーーーーーーん!!

小屋にとってこんなにうれしありがたいことはないですね。

お客様にうどんやおしるこを提供し、「おいしかったよ~」と嬉しいお言葉がいただけるのもお水があるおかげ。

水場がないからこそ、その存在がいかに尊いかをいつも感じています。

こうしたお客様の支えに感謝します。

 

法政二校のイケメン高校生たち、グラサンが最高にお似合いの先生、本当にありがとうございました!!!

 
 
 
さぁさぁ、皆さま明日・明後日のご予定はいかがでしょうか?

山荘もささやかではありますが、クリスマスの装飾を施しております!

ご宿泊いただければクリスマス特別メニューが出る…かも……?!

まだまだ部屋に空きがございます!むしろ空きの方が多い疑惑ですので(いつも通りだネ)、ご予約・飛び込みじゃんじゃんお待ちしております~!

 
常連マッキーさんからいただいたクラッカーもあるよっ

dsc_1007

しかし限定四人。てへぺろ
 

一緒にストーブを囲んで楽しいクリスマスを過ごしましょう!

スタッフ一同、サンタ仮装をして皆様をお待ちしております。

dsc_0995

 
(そんなコスプレ見たかネーヨて言ったの誰だ…!)

寒風

12月第3週末の土曜日は、一段と寒さが増した分好天に恵まれました。

1217no3

小屋に辿り着いたときには、富士山が冬の装いで出迎え、愛鷹連峰や箱根連山も青空に映えます。

南面には、大島から久しぶりに、遠く、利島や新島、三宅島と思われる島影も。

1217no1

暖冬とはいえ、さすが12月の寒さ。

小屋前のボールも、小屋上のトイレも凍りつき、

1217no2

春まで水洗施設が使用できません。ご不自由おかけしますがご理解お願いいたします。また、この時期このタイプのトイレは同じ仕様ですので、無理に水洗ペダルを踏まないようお願いいたします。

 

 

今週も薪ボッカ。積み上げられた薪の量に圧倒されながら、

1217no4還暦すぎの身体に負担のない量のボッカを済ませ、下山の週末でした。

 

 

 

 

薪ストーブ

「蒔き割り 飯炊き 小屋そうじ  みんなでみんなでやったけ・・・」

ご存じ成蹊大学山岳部歌「山の友に寄せて」の歌い出しです。

花立山荘は、再開業から30年余り、高橋オーナーの山小屋へのこだわりもあり、冬は薪ストーブで暖をとっています。現在のストーブはその2代目。

i1210no4

 

燃料となる薪は、その殆どが、オーナーの知り合いから譲り受けたものであるため、荷上げしなくてはなりません。今日のボッカの中心は、その薪でした。i1210no3朝から青空に映える雪を纏った富士山を拝む余裕が生まれるのは、やっとのことで小屋に辿りつき荷を下ろした時でした。i1210no2

 

 

 

 

 

 

 

 

「煙い小屋でも黄金の御殿・・・」 雪山賛歌で歌われるようなロマンチックな雰囲気には遠いかもしれませんが、火入れに戸惑うと小屋中が煙で充満することもたびたび。そんな、薪ストーブと豆たんアンカのある小屋で冬の丹沢を味わってみませんか。

さて、今日はブログ出だしの山岳部OB、燕山荘に出向していた松崎君が7ケ月ぶりに、小屋に戻ってきました。少し痩せた感じで、燕山荘での苦労もあった様子。i1210no5i1210no1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬季の間、とくに年末・年始は、花立山荘のスタッフとしての活躍を期待しながら、松ちゃん一人小屋に残し今日もまたボッカだけ済まして小屋を後にしました。

P.S オーナーの PCが復帰しましたので、これまで通りご予約等のお問い合わせは、PCアドレスも可能ですが、ご予約については、確実性を期すため、携帯メールかFAXでお願いいただければ幸いです。