Like a Sea~日向山よりお届け~

 

気づいたら8月も最終日。

プレミアムフライデーいかにお過ごしでしょうか、珍しく平日のブログ更新、本日の担当は最近ますますおやじ化の著しいアホスタッフです。

月末のド平日、スタッフは夏休み有休を使って花立ゆるゆる登山部・名誉会長トオルちゃんと南アルプスの一座に行って参りました。しかも常連様も巻き込んでね!おい

 

というわけで久々に花立山荘を離れ出張山行をお送りします。

舞台は山のビーチ・日向山です!

DSC_5092

 

 

 

 

 

 

2018.8.30(木)

 

さてさて、午前8:30甲府駅南口へ集まったのは、花立山荘を縁に繋がった3人のおやじ。(まってまだ私はそんな)

始発の特急で甲府の地に降り立った気合いバッチリ・トオルちゃん、そんなトオルちゃんの気合いを上回るは前泊で甲斐の国に陣営を張っていた花立常連のターシ・バロウ、本名にかすりもしないニックネームで呼ばれること早4年目のメグ。

山梨ナンバーの軽自動車に乗り込み、市街地を抜け、国道20号をひたすら北へ進みます。スタートの登山口はお手洗いが無いため、途中コンビニエンスストアで休憩をとり向かうは白州・尾白川エリアへ。

 

尾白川渓谷へ向かいたいところですが…今回はゆるゆる登山ですから。車で入れるところまで山道を進み、甲府から約90分程で到着したのは、日向山ハイキングコースの入り口である矢立石駐車場です!

矢立石までの車道は昨年後半に土砂崩れで通行止めだったのですが、つい先月開通したそうです。ちなみにこちらの駐車場は台数が少ないので、朝早めに来るか、健脚の方は麓の尾白川渓谷の駐車場から登るのが確実です。

 

 

…そろそろ文字ばかりで飽き飽きですね。

各々準備を済ませ、ゆるゆるっと開始!

DSC_5020

偶然のオレンジャーズ結成

いやもうペアルックじゃねーか!

この余裕の表情、覚えといてください。

 

DSC_5021

メグは花立Tシャツを着用。

(半袖は2500円!山荘で発売中!)

オレンジャーズには加入しませんでしたが、目立ちたがりカラーで構成されたパーティー。見た目にも騒がしい集団ですまったく。

 

目指すは山頂!イクゾ~~~っ

_20180831_230104

(トオルちゃん口開くの早い)

 

緩やかな登りが続く登山道。危険箇所もなく迷う心配のないルートなので、これなら初心者はもちろん小さなお子様でも存分に楽しめます。

緑のカーテンが目に優しく、葉をかすめて体に触れる小風がとっても気持ちいい。

普段ダジャレ王のトオルちゃんは様々な植物の知識を披露してくれ、ター氏からは人生の術を学ぶことができ(なんじゃそりゃ)、とても楽しい道中でした。

_20180831_230204

後ろ姿もバッチリなオレンジっぷり

ぬかりないぜ

 

 

DSC_5037

ORANGE OYAGE(某ラップグループを彷彿させますがここでは置いときましょう、多分若い人にしかわからない……あ、別に貴方が昭和初期生まれと言いたいわけでは…心の声なげーよ……)を見守ってくれるかわいらしいお花たち。緑に映える後ろ姿を盗撮しつつ、よっこらルッコラ登っていきます。

_20180831_231435

やーいやーい。

 

 

このコースは10分割された目印があるので、自分の体力と相談しながら無理なく登ることができるのも嬉しいですね!

_20180831_230629

あと半分!

 

本当に自然豊かな登山道で…私がこの山を初めて訪れたのは昨年なのですが、まさかこの登山道であの山頂とは思いもしませんでした。こんなにもギャップに富んだ山は今だかつて登ったことがありません。

 

山頂のようす?もうちょっとご辛抱を。

DSC_5042

重なりあった葉が頭上を覆ってくれているおかげで、この日甲府は猛暑日にもかかわらずとっても快適な山行に。

 

_20180831_233310

でたっトオルちゃんのカメラ目線!

相変わらずカメラアングル捉えるの早い

 

 

_20180831_232905

これが最後の登り!よっこらせっと

そして平坦な稜線を歩いて…ん…?

 

_20180831_233012

なんだか地質がサラサラしてきた…?

 

 

_20180831_232940

こ、これはもう完全に砂ですよっ

目前に迫る山頂に心躍ったのか、トオルちゃん(実は真面目なダンサー)が急加速!後を追うターシとメグの3人を待っていたのは…

 

_20180831_233056

あじゃぱーーー(死語もいいとこだ)

いつのまに湘南へ?!

 

まさに「天空のビーチ」。山にいるのに波の音が聞こえてくるではないですか…!ささ、まずは登頂の証を残しましょうか。

 

_20180830_233704

ゆるゆる登山部で山頂いただきましたっ

 

 

そしてここからが本領発揮です。だってこんなに海っぽいんですよ?海を演出しなきゃ下山なんてできたもんじゃないでしょう。海といえば…コレダ!

 

 

どどーん

DSC_5082

わぁ!ただのアホだ!

このためだけに海グッズ買いました。

肝心の海?あぁ…行ってないな…(白目)

_20180831_235300

ブログスタッフの謎ポーズはおいといて

 

DSC_5070

完全にドはまりなトオル&ターさん

 

 

_20180901_000753

絶景にネタに、愉快な山頂でした。

 

 

IMG_20180830_210030_945

素敵な夏の思い出をありがとう!

 

 

 

 

さぁ9月はどこにいこうか。

浮き輪はもう役目を終えてしまいますが、今度は木々が紅く染まり出すいい季節が巡ってきます!そろそろアルプスもいいけど、低山だって魅力が出てきますよ。

 

 

思い思いに道具を詰めて、週末は山へ。

花立山荘で待ってます!

 

 

 

 

 

 

 

 

~おまけ~

下山後は温泉に蕎麦に地ビール。

ゆるゆる登山部、絶賛部員募集中です。

 

 

\Welcome to OYAJI WORLD/

_20180901_001248

 

 

 

 

 

あっ逃げないで怖くないからっ

登山道だより~大倉尾根②~

 

~前回までのあらすじ~

大倉尾根の様子を花立山荘まで公開。

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

非常に端的なあらすじで幕を開けました、登山道だよりは第2章です。残りの花立山荘~塔ノ岳の道のりを末筆ながらお伝えしたく存じます。相変わらずアホのアホによるアホくさい文章ですがどうぞお付き合いくださいませ。

 

 

 

 

 

さぁ、花立山荘を出発しまっせ!

_20180818_213310

ここから山頂まではだいたい40~50分。早い方だと30分程度でしょうか。352段もの階段が出ることはもうないですが、それでも数回に分けて階段は続きます。気を引き締めて頂上目指しましょう!

 

_20180818_213401

まだ登るのかよおおぉぉ。。

 

体力をゴリゴリ削ったあとにまだ続く階段。キツイなんて言わなくてももう伝わるよ。心身ともに満身創痍な皆さまのげっそりした顔を想像してちょっと笑いが止まらない性悪はこの私です。笑われたくなかったら登りましょう。

なんて煽ったところでキツイわ!すんましぇん。

 

花立山荘直後の階段を登りきれば、そこは花立山の山頂。

_20180818_213502

目線の先には神奈川最高峰・蛭ヶ岳と百名山の丹沢山!スタッフ、ここの景色大好きです。この写真には映していませんが、左手には富士山も眺めることができる絶景ポイントです。景色がきれいだと気分が上がって疲れも和らぎますね。

 

花立山のあとは楽しい尾根歩き!

_20180818_213520

この、うねうね~っとした道がワタクシ大好きなんです。なんかダンジョンみたいな。草むらからモンスターが出てきそうな雰囲気。わくわくしませんか。あ、ドラクエのやりすぎね。これは失礼。

 

DSC_4762

ほらほら、お喋りもいいけどちゃんと前見て歩いて。ここは崩落箇所なんだから危ないよ。落ちないように気を付け…

 

 

 

 

ぶちっっっっっっっっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎゃあぁああぁぁあ!!!!!!!! ((((*θ*; ))))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケータイのバッテリー…落ちよったわ…

 

ある意味一番落ちてほしくないモノ。旅先とかでバッテリー落ちたらへこみますよね!ね!!!せっかくの景色が思い出として残せないなんて悲しすぎる。皆さまはくれぐれも充電はしっかりした上で登ってください(戒め)

 

 

(というわけでこのあと一旦小屋に戻って1時間ほど充電するはめに。ぐぬぬ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パァーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ

\\\復( @ω@ )活///

 

 

いいからさっさと登山道もどれ。ハイッ

 

 

_20180818_213703

ちゅーこんで花立山から稜線を歩くこと5分、鍋割山へ続く道との分岐である「金冷し」を右に行くと懲りずに階段であります。あぁ金冷しの写真?わりと大事な分岐なのにバッテリー落ちて時間使ったことで山頂を急いでしまい撮り忘れました。ハハッ

ちなみに金冷しの由来は諸説ある模様です。私が聞いたのはアダルトゥな由来でした。いや…年頃の女子には言えないですよぉ…まさか「キン◯マも冷える寒い場所だから」だなんて…

言っちゃったよこのアホ

 

 

 

さ、金冷しを過ぎてからは階段、平坦な木道、階段が繰り返し続きます。木々の間から秦野の景色が楽しめますし、もう山頂も近いからか不思議と疲れはそこまで感じないかと。

_20180818_213755

 

勢いでじゃんじゃん登っていきますか!

 

_20180818_213835

母な~る~大地のぉ~~(ソプラノ)

 

_20180818_213906

登山道の入り口から目安として一緒に着いてきてくれたこの黄色い看板も、45がラスト。この木道を越えて、少し階段を登ると…

 

 

 

_20180818_213934

ハイまだ階段!

 

でも、この注意書きがラストスパート中のラストスパートの目印。この奥の階段を登れば……あぁ、やっと。やっと見えた。

_20180818_214002

 

たった290mしかない麓から目指してきた、1491mの頂。広々とした山頂は、標高差1200mもある過酷な道を乗り越えた登山者全員を、広く大きく受け入れてくれます。

 

 

塔ノ岳、登頂!

_20180818_214020

 

いわゆる低山に分類される塔ノ岳ですが、その広い山頂からは360度の大パノラマを楽しむことができます。富士山、秦野の景色と美しい相模湾、遠く聳えるアルプスまで。

DSC_4788

 

DSC_4779

 

残念ながらこの日あいにく富士山は雲隠れしておりその姿を拝むことはできませんでした。でも、1500m級でこんな景色に恵まれた山ってとても贅沢ですよね。

DSC_4791

かわいい山頂石碑も。

見所たくさんの山頂です。

 

ちなみに、これは翌朝8/19(日)に山頂へ赴いた際の景色。晴れると見事な富士山を確認することができますよ。

DSC_4849

 

DSC_4859

 

 

デビュー前の方には参考になりましたでしょうか。すでに歩いたことのある方には「久々に行こうかな」と思っていただければ嬉しいです。

いつ登ってもしんどいっちゃしんどいですが、ひたすら上に向かっていくこの尾根がたまらなく好きです。少しでも大倉尾根ファンが増えますように。

 

_20180821_222231

 

初心者も安心して歩けてアクセスもよし!

楽しめること間違いナシです。

塔ノ岳デビュー、してみませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\\\あと花立山荘でかき氷食べてネ///

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局ラストは宣伝で締めくくる。

いつもちゃっかり花立山荘、今週末も元気に営業します!

登山道だより~大倉尾根~

今週末は爽やかに晴れ、夏、というより秋に近い気候でした。湿度も低く快適な登山が楽しめたのではないでしょうか。

大倉尾根は晴れというのに登山者は少なく、やはりこの時期はアルプスに足を運んでいる方が多いようです。

 

 

 

 

 

シンプルなタイトルに出だし!もしかして今回のブログは久々に真面目な先生の方かな…?

はい、

残念!アホの方でした!

 

 

 

言い回しがくどいでお馴染みのブログ・アホ担当こと甲斐の国の民です。

先日スタッフのトオルちゃん(これもまたアホ)と「登山道情報もたまには…」と珍しく真面目な審議を行い、今回はタイトルの通り登山道の様子をお届けしたく存じます。

マイナス×マイナス=プラスになるように、

アホ×アホ=真面目ということで。

誰よ「手がつけられない」とか解答したのは(大正解!模範解答!)

 

 

というわけで、

 

 8/18(土)晴れ時々くもり  大倉尾根

 

いってみたいと思います。

ちょっと写真が多目になりますがご容赦ください!

 

 

_20180818_210054

ほいっご案内は入り口から。バス降りたところからやれや~という声が聞こえてきそう。ごめん、単に写真撮り忘れた。

渋沢駅北口の2番乗り場からバスで約15分、終点で下車し車道を歩くこと5分でこちらの入り口に到着です。

しばらくは舗装された道が続きます。

 

_20180818_210135

舗装された道といっても周囲はぐるっと木に囲まれているので、「山に来た」気分が味わえますよ~。

コンクリロードをてくてく歩き、少し急な坂を登ると、足場は石の多いでこぼことした道に。

 

_20180818_210232

本格的な登山道の始まりです!

 

_20180818_210258

石でごつごつした上り坂が少し続きます。丹沢ベースを通り越し、葉っぱの屋根をくぐり抜けると、土いっぱいの歩きやすい登りに。緩やかなカーブを描きつつ歩いていくと…

_20180818_210501

あったあった、目印のサーティーンウッド

(勝手に呼んでます。正式名称は知りまてん)

 

この左側の階段をちょろっと登ると、嬉しい第一休憩ポイント・観音茶屋です!

_20180818_210538

ここの牛乳プリンはフルーツ入ってておいしいですよ~。冬にいただいたおしるこも絶品だったなぁ。

なにより、小屋主の女性の方が「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と毎回お声掛けしてくださるのがウレシイ!これはやる気出ますね。

広々とした休憩スペースにお手洗いもあるので、初めての方はまずはここで一呼吸おくといいかもしれません。

_20180818_210645

ここで1.6㎞かぁ。先はまだまだ長い。

 

観音茶屋から登山道をザクザク歩くこと5分程度でしょうか。ここで分岐が出てきます。

_20180818_210852

どちらへ行っても塔ノ岳に続きます。

距離的には右が短いのでほとんどの方が右を選びますが、ルート的に写真映えしないので今回は左いきます。そんな理由かい。

 

_20180818_211012

さっきまでの写真と何ら変わってないがな

うん、あんまり変わりません。ぐへへ。しかも全然写真映えしてない。ぐへへ。

だだ、強いて言うならこちらのルートの方が道がすーっと真っ直ぐ続いています。右ルートはうねうね蛇行を繰り返しつつ登るといった感じですね。

で、分岐のときに「大観望」の3文字がございましたが…それがこちら!

_20180818_211236

(えぇ~曇っててなんか地味ィ)

 

ここはかつて営業していた大倉高原山の家の目の前の展望です。夜景がきれいだろうなぁ!

1つ注意事項としては、以前ここには水場があったのですが今はもう使用できません。

_20180818_211256

よって大倉尾根は全く水場がありませんので、水分は必ず持参&適宜山小屋で購入してくださいね。

また、ここを過ぎると大倉尾根で唯一テントの張れるキャンプ場があります!

_20180818_211420

桜が植わっているので、春は花見をしながらキャンプなんてオツなこともできますよ。大倉から歩いて3,40分程度なので、テント練習にもいいかもしれません。お手洗いも一応あります。一応。

 

ささ、キャンプ場を越えて一本道を少し下ると…あ、見えてきた。

_20180818_211540

先ほど分岐していた道との合流地点です。

ここにもベンチがあり休憩できますが、個人的にはもう少し足を伸ばしていただきたいところ。というのも、木影で見えないのですが…ほんの1~2分歩いたところに、

_20180818_211626

ででん!見晴小屋~!

左に映ってるのはお手洗いです。ここのお手伝い、下山のときに割と重宝します。名前が「見晴小屋」なだけあって秦野の景色が楽しめますよ。敢えて写真は載せないでおこう。ご自身の目で確かめよ。(何様だ)

 

 

 

…さぁ、プロローグはこのくらいで。

大倉尾根の別名はご存知でしょうか。

ブログでも度々その名称を挙げています。

この尾根の別名は。

君の名は。

 

 

 

 

 

 

 

(ファンに干されそうだすみません)

 

 

 

 

 

 

 

_20180818_211738

☆ 階   段   地   獄 ☆

イヤッフゥゥゥゥゥウウウウ!!!

 

 

ひたすら登ってばかりの尾根。それもバカみたいに。下り?くだらない。登りますとにかく。バカみたいに。ゆえに誰もが愛を込めてこう呼びます、「バカ尾根」と。

 

スタッフが初めてこの尾根を歩いたとき登山歴は数ヵ月とかなり浅く、大倉~見晴小屋までですらヒイヒイ言っていました。

この階段をみた瞬間「帰ろう」と本音が体内をこだましましたのもいい思ひ出…

(BGM:帰りたくなったよ)

 

なんて、ここで帰ったらとてもじゃないですが塔ノ岳山頂は夢のまた夢。必死こいて登りましょう。ここの階段を登りきると…

_20180818_211846

地味~に登りな木道が待ってます。そうやすやすと平坦にはなってくれない。なぜならここはバカ尾根だから。木道を渡ったあとも、オンボロの階段やちょっと岩でゴツゴツした登りが続きます。

 

_20180818_211951

さ~登りきったぞ!と思ったところに「一本松」と書かれた道標。わりと開けているのですが、休憩はあともうチョット我慢してください。道標を通りすぎて石の段を登っていくと…

 

_20180818_212010

ほら、大きいベンチ3つがお出迎え!

見晴小屋から一気に登りましたから、決して無理はせずに。水分をしっかり補給し、なんならエネルギーもチャージしておきましょうか。

 

_20180818_212027

お、平坦な道だ~!相川~!

余裕ダズェ~なんて調子こいてると…

_20180818_212140

はいどーん\(^o^)/

すぐ階段ですぅ(deathに変換しないでっ)

 

今のベンチ~次の小屋までの距離は短いものの、ここの階段なにげに急なんです。いつか丹沢に精通したお客様がおっしゃっていたのですが、ここの階段が角度的には1番急だとか。慎重に登っていきましょう!

 

_20180818_212230

見えた~駒止茶屋だぁ~!

景観に溶け込むグリーンの外観にほっと一安心しますね。このあと花立山荘まではお手洗いがありませんので、利用する方は必ずこちらで!小屋の前にベンチ、小屋を少し通りすぎて階段を上ったところにもベンチがあります。

 

ここから堀山の家まではラッキーロード!

_20180818_212328

バカ尾根のオアシス!(水場じゃないけど)

なんと平坦な道が続くのです!!!

_20180818_212431

きもちよかろう、きもちよかろう。

前を歩くお兄さんがとても絵になる…

いや別に惚れてないしっ

 

_20180818_212406

稜線を眺めながらサクサク進みます。

 

土を踏みしめ、コツコツ音をたてながら木道を歩き、最後だけちょびっと登ると…

 

_20180818_210003

なんとも味のある堀山の家に到着!

 

こちらは食べ物、飲み物の品揃えが豊富です!お酒も売っていますが、飲むのは下山時にしときましょう。食料が少なくて不安…という方はぜひこちらを。花立山荘では持ち運べるお菓子を売っていませんので、堀山の家での購入をオススメします。

 

そして…ここから当山荘までが厳しい道のりです。バカ尾根が本気を出します。

_20180818_212545

気合い入れていこうっっっ

 

距離は明らかに近づいていますが、なにより標高差です。ここから一気にきます。堀山の家~花立山荘の距離は約1.1㎞ですが、標高差は350mとなかなかの急坂です。

見晴茶屋~駒止茶屋ですら約1.2㎞で標高差290mなので…ここまで歩いてきたのならなんとなくでも「キツい」ことが分かりますね。

_20180818_212634

堀山の家から少し登り、崩落して痩せてしまった尾根をちょびっと歩きます。10mもないですが、すれ違うには狭いので対向者がいた場合は譲り合いましょう。

 

_20180818_212655

さ~~そして岩場!岩場がつづく!

足元には十分ご注意を。ここの岩場は幅が広いので、向かいから人が来ても左右に別れれば譲り合い無しでも登れます。ただ、休むにはちょいと危なっかしい場所なので、ゆっくりでも頑張って登りましょう。

 

で、岩場が過ぎたら階段が待ってる。

_20180818_212733

容赦ないですバカ尾根。

下手な怪談よりずっと怖い。

オヤジーズに毒され流暢になった駄洒落。

私の行く末も怖い。(もはや残念)

 

ぼろぼろ階段、まだ新しい等間隔の階段、なんだか歩幅が安定しない階段、すれ違うのがやっとの階段。もう少し登れば見えてくる…!

_20180818_212809

天神尾根との合流地点!

視界がパッと広がりスペースも広々。ですが、ここで一息着く前に階段を登りきってしまいましょう。そうすると…

_20180820_222657

2列の木道、両サイドにベンチが。

(ベンチわかりづらい角度でしたサーセン)

 

荷物を置き、歩いてきた脚を労るもよし。目を閉じて瞑想するのもよし。このあと待ち受けるバカ尾根の最難関にしっかり備えてくださいね。

準備ができたら、さぁ出発!

_20180818_212906

嵐の前の静けさと言わんばかりの穏やかな木道。これが山頂まで続いていたらどんなに楽か…。休めた足のウォーミングアップにはちょうどいい道のりですね。木道がおわると木の階段が何回かつづき、緩やか~に登っていくと。

 

_20180818_213049

*゜.☆バック・トゥー・ザ・岩場☆゜.*

~悪夢の再来~

 

 

全米が((((  ´ ^ω^`  ))))震える

 

 

あい、とりあえず登ろう。ここまで来たらもう登った方がはやい。辛いけど。えぇ辛いですけど。誰もがもはや足の痛みが気持ちよくなるんじゃないでしょうか。で、それがクセになったドM様がまた大倉を訪れるわけです。あ、いやバカにしてないですよこれっぽっちも。盛大にRESPECTを込めてます。

 

そして岩場の終点を告げるクリームパン岩が見えてきました!正式名は忘れた!クリームパンっぽいでしょ!食い意地の張ってるスタッフなんでね!ハイハイ!

_20180818_213118

 

右手にクリームパンを。

そして左手には。

 

 

 

 

 

_20180818_213140

\\\ラスボス出現///

キターーーー(゜θ゜;)ーーーーー!!

花立山荘直前の最大の壁。

352回の段差を、2本足で撃破せよ。

 

_20180818_213227

ひいひい。ふうふう。ぜえぜえ…げふ…げふげふゴフッ  ぶはっっっっっっピョエー

なんだこの罰ゲームは。踏んだり蹴ったりおまけに殴ったりな尾根じゃないか。どこまで追い詰めたがる。この世には手加減という単語が存在ふるんだぞ…

なんて言っても全く何も通用しません。だってバカなんだもん。てへぺろ。

 

 

 

 

 

さぁ、もう一踏ん張り。

 

 

残り50段もすれば見えてくるゴールの旗は、夏なら氷、冬ならおしるこ。352段目で待っているのは……そう!

_20180818_213336

我らが花立山荘がお出迎え!

おつかれさまでしたーーーーーっ

うおぉぉぉ(´;ω;`)ぉぉぉお

 

なんでしょうかこの安心感は…この小屋のオーナーである守さんの器のでかさが滲み出ている…助かったぁ……

_20180818_205931

そしておまちかねのご褒美ターイム!

うんめぇ(;ω;`)

うんめぇよおっかあ( ´;ω;)

 

キンキンに冷えた氷は男手が血に汗流して麓から担ぎ上げた賜物。血は流してないか。冷たさの中に、野郎共の情熱を感じてください。暑苦しい?ゴメン

 

 

 

 

 

…というわけで、いかがでしたでしょうか。

大倉尾根の道のりが少しでも伝わればこれ幸い。ブログを更新した価値があったというものです。

ご覧の通り低山と言えど標高差はアルプス級、とにかく登りが続くシビれる登山道です。体調も荷物も準備は万全に、バカ尾根を楽しんでくださいね!

以上、登山道便りでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…え…………山頂は?

 

( ´ ω `)サンチョ?レタスのナカマ?

 

いや。確かに花立山荘までは分かったけど。

ここから塔ノ岳までの情報は?

 

( ´  ω`;)ト、トーノダケ?キノコのナカマ?

 

 

 

 

 

 

 

 

……はい。すみません。

花立山荘を山頂としているのは当山荘を居酒屋として利用している一部のコアな常連様様ズ(とっても大好きです)のみでしてね。

大方がてっぺんまで行くんじゃいどあほ!

 

スミマセンスミマセ(  ´;ω;`)ンスミマセン

 

 

というわけでこの登山道だより。

つづく。

 

 

 

 

 

たぶん

 

おぼん、暑いもん。

 

8/12   6:53 小田急線  運転見合わせ

小田急小田原線は伊勢原駅~鶴巻温泉駅間の踏切で電車と人が接触する人身事故が発生し、現在運転を見合わせております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へぇ………(゜~゜)

 

 

 

ぇぁぁ゛あ゛?!?!

 

 

 

 

 

 

 

 

この悲報が届いたとき、この山梨県民はまだ高尾にすら到着していなかった……

 

 

 

 

 

 

 

2018.8.12-13

 

というわけでお盆の花立入りは波乱から幕を開けました、どうもアホの方が今回もブログを更新させていただきます。

高尾~町田に移動している間に小田急線よ復活しておくれ…との期待もむなしく、浮浪者のごとく町田を徘徊するはめに。車買うか。

8:30頃やっとこさ運転が再開し、渋沢駅から乗ったバスは始発列車で来たときのそれより1時間遅い発車でした。とほほ。

 

しかし、毎年お盆はなかなか天気に恵まれず、丹沢は寂しさが漂っております。

麓で山モリフェス!も開催されていたので人でごった返すかと踏んでいたのですが…人身事故の影響もあったのでしょうか。

バスは全員着席の状態で、登山者を大倉まで運んでくれました。

 

案の定登山道は静かなものでして。

木々の間をすり抜けて麓からフェスの賑わいが聞こえてくる以外は、葉の擦れる音や鳥のさえずり程度でした。

 

途中何度か雨に降られましたが特に危険箇所はなく、小屋につくとキングオブコメディこと花立イチのソース顔(とおる君66歳)がちょうどかき氷を削っている所でした。

うん、曇っているといえど花立につく頃はだいたい汗だくですからね。皆さんじゃんじゃんかき氷オーダーしてください!

(テキトーな宣伝もそろそろ慣れてきた)

 

 

泊まりのお客様はいないかな?と思ったら、オーナー守さんと同じ職場の方がご家族を引き連れいらっしゃってくださいました!

_20180813_152306

守さんカメラ目線いただき(いらなゴホゴホ)

 

ヒャアァァなんとかわゆい姉妹…天使か…!とにやにや見つめていたわけですが、なんとまぁ天使を装ったパワフルガールズでして。

 

あら~お人形さん遊びを始めた~私にもこんな時期があったらよかったのになぁ(なかったんかい)とほほえましく眺めていたら、

 

あのぅ…それ格闘技だべ?ウルトラ◯ン人形でやるなら納得する展開だけどロングヘアのリ◯ちゃんだべ?その動きもはや背骨折れてるべ? 天使たちよ…お人形さんの髪の毛がどこぞのライブハウスでヘドバンしたあとの乱れっぷりだべ?あれ?お人形遊びって今こうなの?ジェネレーションギャップなの?トオルちゃんどこ見てるの?あ酔ってるだけねいつものことか。

 

とりあえずかわいいんだもう!げへ!!

 

 

突っ込み入れまくりながら一緒に遊んでいただきました。このハチャメチャっぷり…私と同じニオイがすっぞ……しめしめ

(パパママすんません)

 

この時期恒例の流星群は拝めませんでしたが、ニコニコ元気いっぱいなシスターズにとっても癒された1日でした。

DSC_4563

なかよし姉妹っていいなぁ

 

とっても素敵なご家族だったので帰り際に1枚いただきました~ありがとうございます!

DSC_4568

また遊びにきてね来て下さいネ

 

 

そういえば13日にあがってきた日帰りのお客様曰く、お盆といえどカレンダー的には平日なので花立にくるまで大倉尾根の小屋は全て閉まっていたとのこと。

時間帯でただ閉まっていただけという可能性もありますが、大倉尾根経由で山頂を目指す方は念のため花立までの水分は確実にご準備いただいた方がいいかもしれません。

雨が降っても暑いもんは暑いです。(忠告が雑~)

 

花立山荘は引き続き13~15日までオープンしています。

花立の貴公子・マツザキお兄様がメガネの奥を光らせながら皆様をお待ちしてまっせ!(どんな持ち方だ)

突然の雷雨もございますので、雨具はもちろん装備はしっかり整えた上で夏山を満喫してくださいね。

 

DSC_4571

自然の空気の中で非日常体験を。

夏休みの思い出作りはアクセス良し・危険箇所ほぼなし・かき氷がおいしい!(←強調)な大倉尾根で!

おまちしておりまーす(^o^)

ラストサマーは暑く、熱く。

 

ご…ごぶさたしてしまいました…(2回目)

 

 

どうも、アホな方のブログ担当こと蕎麦焼酎の妖怪です。

最後のブログ更新から早3ヶ月。

某パーソナルジムに通っていたらもうとっくに結果にコミットしております。

ひいぃ…大変申し訳ございませんんん…

 

6/30-7/1に小屋手伝いに入った際、このブログをご覧いただいている数少ない読者の方(マニアともいう)から、放置気味をご指摘いただき早2週間。仕事しろっっっ

というわけでお待たせしました。

 

 

 

前回同様の荒業を使用します。(おい)

 

その名も『ザ・ダイジェストof花立』

…いってみましょうか!

 

 

 

6/2-3 第32回丹沢ボッカ駅伝

DSC_3615

誰よ「唯一この小屋に活気が出る週だね!」ていったのは…

あながち間違ってないので触れません。ぐぬぬ。

 

 

多くの大会スタッフの皆さまのお陰で、無事大会を終えることができました。

DSC_3592

DSC_3580

DSC_3578

DSC_3584

…とと、どれも前夜祭の写真ばかり。

本来なら大会スタッフとしての皆さまのご様子をお伝えできればよかったのですが、あいにくスタッフが選手だったため当日朝イチで大倉まで下山してしまい、皆さまの勇姿を写真に納めることができませんでした。あしからず…

最後の2枚で「ナニコレ縁日?」とか思わないでくださいね。

 

というわけで、ボッカ駅伝は毎年スタッフの方を大募集しています!

大会スタッフとしてご宿泊の方は通常料金よりお値引きかつバーベキューパーティーの得点つき!

「我こそは」という方、是非来年の6月一週目は花立山荘へお越し下さい。

(無理矢理宣伝に持ってくスタイルは健在である。ぐふふ…)

 

 

6/30-7/1 復活のネコちゃん

_20180714_210911

なんとこの週、久しぶりにネコちゃんが山荘に入ってたんです!

約1年ぶりの再会に、妖怪スタッフもブヒブヒからこの日だけはにゃんにゃんでした。キモッ

日曜朝にはオーナー・守さんも荷揚げで山荘に入り、四人で顔合わせ。

_20180714_211119

かき氷もよく売れたしネコちゃん効果大!な週末でした。

 

そうそうかき氷といえば。

今季の期間限定味は「ヨーグルト」と「日向夏」の2味。

ヨーグルトはコクのある甘さ、日向夏はすっきり爽やかな味わいでどちらもとってもオススメですよ!

 

暑いですからね大倉尾根は。花立山荘に着く頃には生卵が半熟卵になる暑さです。

あ、あくまで暑さを揶揄しているだけですので「半熟卵できないんだけどォ!」の手のクレームはご遠慮願います。

クック◯ッドで半熟卵の作り方を検索してください。

 

 

 

なんて冗談はさておき、7月三連休は各地で35℃越えの猛暑が続きます。

水分は「余るかな?」くらいの少し多めがいいかもしれません。

また、丹沢は低山のため、気温は夜を除き下界とほとんどかわりません。

特に堀山の家を越えて岩場を登り茅場平を過ぎたあとは、木陰が少なく、太陽がフルパワーで日光ビームを放ってきます。

帽子、サングラスなど熱中症対策は念入りに丹沢山行を楽しんでくださいね。

 

余談ですが、三連休初日の7/14、個人的な南アルプス開きで甲斐駒ヶ岳へいってまいりました。

_20180714_212835

3000m近い山でも暑さを感じるほど。

丹沢は…いわずもがなですよね。

 

登山を心から楽しむためにも準備はぬかりなく!

平成最後の夏ですから。

素敵な思い出づくりしていきましょう!

 

かき氷と満面の笑顔で、スタッフ一同お待ちしております。

 

あと少しだけ春を語らせて下さい

2018.4.21-22,28-29

 

ふうふう、4月が終わってしまう…ひいひい。

時の流れに完全においてけぼりをくらっているブログ担当は山梨県民です。

2週間分をまとめて報告するという荒ワザをついに発動してしまいました。(手抜きとも言う)

 

 

さてさて、4月に催されたイベントをご報告してから5月を迎えるとしましょう。

 

21,22日は春恒例の山菜パーティーでした!

DSC_3186

サクッと軽やかな音と食感を楽しみ、

鼻を抜ける春の香りにうっとり。

ほんのり苦味が舌の上で踊ります。

うーん、自然の恵みに感謝感謝!

 

ご宿泊は常連様はじめ新規のお客様、飛び込みのお客様もいらっしゃいました。

まいどありがとうございまーす!

DSC_3183

暖かい陽気にしては珍しく空気が澄んでおり、麓の景色はもちろん富士山もクッキリでした。

過去を振り返っても、この時期にここまで景色が綺麗だったのはなかなかレアだったように思います。

 

もちろんお酒もすすみますよねぇ~~

DSC_3191

あ…いつも通りの風景かこれは…

 

毎回ブログでうざいほど山梨県民アピールをしまくっている当筆者ですが、お客様もさまざまな地域から足を運んでくださっています。

都内の方はもちろん、埼玉や千葉、長野などなど。

遠くても足を運んでくださる常連さまに感謝です。

「 また来たい!」と思ってくださる方を1人でも多く増やせるよう、花立山荘はこれからもどストレート全力投球していく所存です。

(たまにスライダーとか変化球入っちゃうけど)

 

IMG_20180423_194007_758

丹沢山開きで、日帰りのお客様も多かった土日でした。

 

 

 

さぁ、そしてGWに突入しましたね!

中には5/1,2も休みを取って大型連休にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

28,29と小屋へ足を運んだスタッフですが、特に29日は連休中日ということもあり大勢のお客様がいらっしゃいました。

_20180430_122102

げひょひょ。暑い。

 

遅くなりましたが、今年のGWは4/28~5/6までぶっっっっっっっ通し営業中!

名物のかき氷もスタッフが丹精込めて削ってます。

期間限定のシークワーサー味は好評につき完売しました。同じく期間限定のマンゴーもまもなく終了…?!

暑い日が続いておりますので、場合によっては午前中で売り切れてしまうこともございます。

氷は全て男性陣が下界から背負って小屋まで運んでいますのでどうしても数に限りがございます。何卒ご了承ください。

 

昨日、ブログ担当とバトンタッチで荷物をボッカしてきたオーナー守さん。

DSC_3243

荷物を背負ったエロオヤg…げふん。

秦野の景色を背負ったイケメンオーナー!

 

 

 

DSC_3245

ニヤケ顔を見るにやっぱエロオヤジでした

 

 

お客様との楽しいGWの様子は別途お伝え予定!

明日、明後日はお仕事の方も多くいらっしゃいますことでしょう。

GW後半戦の予定はもうお決まりでしょうか?

予定に空きがある方、予約に空きがある(言うたびに悲しい)花立山荘をぜひご検討ください!

おまちしております。

 

頂・2230M 〜瑞牆山行その2〜

2018.4.7-8 ②

 

AM05:00 富士見平

 

 

さ…

 

 

寒い……………………

 

 

テントは結露し、外を見れば周囲は霜柱。

ちくちくと肌を刺す空気の刺激に、春の陽気に慣れてしまった体はただただ震えるばかり。

 

でも、頭上には濁りの無い晴天。

今日の展望は昨日以上にちがいない。

 

 

前日鷹見岩から見た景色を思い出し、山頂からのそれを期待してサブザックに荷物を詰めます。

 

各々支度を済ませ、富士見平を出発しました。

_20180410_202925

 

スタートから20分ほどはアップダウンの少ない平坦な道のり。

体が暖まるまで、もくもくと歩きます。

 

_20180410_205132

写真撮ってると相変わらず置いてかれる

健脚夫婦でっせ…

 

 

小川山との分岐を越えると一気に下り、いよいよ瑞牆本体への登りです。

_20180410_210210

凍った雪を橋の代わりに川を渡ると…

 

_20180410_205451

これまたでっかい岩が割れんばかり(ていうか割れてる)の笑顔でお出迎えしてくれました。

どうやったらこんなパッカリご開帳するんでしょうか…自然現象、まさに神秘。

 

 

本日はカナブンを探せゲームぅぅ

_20180410_205425

すんませんさっさと本題もどります

 

 

そしてここからは、山頂までひたすら登りが続きます。

_20180410_211222

のぼって

 

_20180410_211144

のぼって

 

_20180410_211526

のぼって

 

_20180410_211601

のぼ~~るゥ~~~~

(円◯志?と突っ込んだあなたはきっと昭和)

 

 

岩でゴツゴツした登山道はまさにアスレチック。

時にはスリリングな場面もありましたが、楽しい道中でした。

_20180410_212246

岩で塞がれたルートも2人の手にかかればこの通り。

いやぁ、最後尾のスタッフはまさにお姫様登山状態でしたよ。ほほ。くるしゅうない。

 

 

 

 

 

ゴメン謝るから誰か突っ込んで~

 

そんなこんなで自然現象を楽しみつつ、着々と山頂までの距離を縮めていきました。

_20180410_213105

_20180410_213231

この高さだと、春の訪れはまだ先か。

冬の風物詩がどっしりと鎮座していました。

 

山頂まで10分の表記を発見。もうすぐ!なのですが…

_20180410_213639

あちゃー。こりゃひどい。

山頂は目前ですが、焦りは命取り。

ここで全員軽アイゼンを装着し、慎重にゴールを目指します。

_20180410_213925

…しかし、軽アイゼンをめぐりハプニング続出。

タイトルはズバリ「かなぶん手アイゼン危機一髪」「めぐ…おまえ…その左足……」の強力な2本立て。

ここに記載すると真面目な登山家の皆様に大叱責されそうなので、よかったら当山荘にお越しいただき登山論を説いていただければ幸いです。

ドMなスタッフは喜んで叱られます。

 

 

(遠回しに宿泊誘致してんじゃないわよ)

 

 

 

雪に覆われたラストスパートを突破すると…そこには!

 

_20180410_215149

どーーーーーーーーーーーーん!

 

眼下に拡がる見事な風景!遠く連なる山脈に、思わずため息が漏れてしまいます。

_20180410_215059

普段見上げている山頂に、今自分が立っている。

この感覚がたまらなく快感なんですよね。

 

初日に瑞牆山荘で購入した手拭いを広げ…

_20180410_215124

山頂、いただきました!!

 

あいにく八ヶ岳や南アルプスは雲隠れしておりその姿を拝むことはできませんでしたが、限られた条件で見ることのできる霧氷を確認。

_20180410_220055

気分はクリスマス… なんてな……ふっ

 

 

貸し切りの山頂を各々楽しみました。

_20180410_220950

よじよじ

 

_20180410_221005

チラッ

 

_20180410_221019

ぶい

 

小屋のオーナー・守さんがいつか言っていた「後ろ髪を引かれるくらいに下山するのがちょうどいい。満足してしまうと、その山には登らなくなってしまうから」という言葉を胸に、強風を理由に下山。

まだまだいようと思えば留まれたのですが、次の楽しみを残しておかないとね。

_20180410_215229

絶景をごちそうさま!

 

 

富士見平に戻ったあとは、少し遅めの朝ごはん。

DSC_3119

かなぶん・美枝さんが準備してくれたステキなトッピングに「うんめ~~」が止まらないスタッフでした。

 

DSC_3122

昨日今日と料理長おつかれっした!

 

 

テントを撤収し、瑞牆山荘前に着いたのは10:30ごろ。

山荘でコーヒーをすすってお店を出ると、タイミングを見計らっていたかのようにめぐ母タクシーが到着。

 

3人無事に今回の山行を終え、瑞牆山を後にしました。

DSC_3126

 

 

肉を担いで〜瑞牆山行その1〜

2018.4.7-8

 

各地で桜祭りが開催されたようですが、関東は突然の雨風に見舞われ、葉桜祭りだったところが多かったのではないでしょうか。

この時期の天気の変動はまさに女心の如し。

晴れたかと思えば曇り、急に冷めたかと思えば暖かくなり…

うん。なんか余計なことを書いて世の女性にお叱りを受けそうなのでこのくらいに留めておこう。

 

いやぁ、暖かくなるとついつい心も浮わついてしまい…先週やっと小屋に入ったか!と思えば、早速すっぽかして別の山へ行ってまいりました。

 

じゃん!

_20180408_225743

いや…だれやねん…

 

 

 

 

いったんCM挟みまーす

 

received_2026996377560707

山梨県民を探せゲームぅ

 

 

 

 

 

 

 

 

(あれ、予想外の飽きの早さだ…)

 

 

 

 

と、というわけで今回はコチラっ

 

_20180409_214036

まいどお馴染みカナブンズ!

おしどり夫婦+独身貴族(白目)が、瑞牆山行をお届けします。

 

 

 

 

 

 

AM10:00 甲府駅南口

 

今回は遅刻してないですよっ(当たり前じゃ)

信玄公祭りが催されていたこともあり、普段より人は多め。

見つけられるだろうか…と心配でしたが、5秒後にその不安は渋沢までふっとんでいました。

 

 

\明らかに荷物量がおかしい2人組発見/

 

 

あ~こりゃまちがいない。

近づいている最中に、嫁にしたいランキング1位の美枝さんがスタッフの存在に気づいてくれました。

続けてかなぶん(好きな四字熟語:妻山酒妻)もスタッフを捉え、無事合流です。

そして今回は脇役に若干変人・めぐ母が。

四駆でもなんでもない軽自動車をぶいぶい走らせる頭文字Kが、運転手を務めてくれました。スペシャルサンクス!

 

 

 

 

AM11:30 瑞牆山荘

 

ささ、車での道中はすっとばし早速山の様子をお伝え。

_20180409_203409

準備を整えてアタック開始です!

 

初日の行程は瑞牆山荘から富士見平を目指し、そこでテントを張るというまったりコース。

富士見平までもコースタイムで50分と手軽に歩ける道のりです。

_20180409_203901

さすが縦走慣れした夫婦。

サクサク歩くね~

 

春山というには少し寂しげな風景の中をもくもくと進んでいき、階段を登りきると…

_20180409_204328

ずおおおぉぉおおん

 

突然姿を現した岩峰。その勇ましい姿に、おもわず興奮してしまいました。

よし、早速撮影ターイム!

 

 

…ん。

_20180409_204355

(花立マスコット、シャツが挟まった模様)

 

 

_20180409_204425

てへっ

 

 

_20180409_204447

あい、1枚いただき~

(かわいいじゃねーか)

 

 

 

さぁ、ここまでくれは富士見平は目前!

左手にド迫力の山頂を見据えながら、水場を越えて宿泊地へ到着です。

_20180409_205647

 

駐車場も登山道も、なんか人少ないなぁ~と思ったら…案の定テントも花立組のみでした。

 

_20180409_210034

この通り広々としたもので。

 

さすがに13時前から宴会おっぱじめたら日付が変わらないうちに目が覚めてしまう…

ということで、小屋番の方にオススメされた「鷹見岩」を目指すことに。

 

サブザックに荷物を移し、金峰山へ続く尾根を歩き出します。

_20180409_210738

軽い足取りで歩く2人。

少しでもヨソ見していると…

 

_20180409_210946

すーぐ米粒サイズに。

歩ける夫婦っていいわねぇ~ステキ~

 

なんておばさん目線を存分に発揮してましたよ30歳にもなってねーのに。行く末が心配だ。

 

 

枯れ葉が多く寂しげだった麓に対し、所々に初夏を感じさせる優しいグリーンが目を癒してくれます。

_20180409_211600

_20180409_211827

 

 

夏に思いを馳せながら緩やかに登っていくと…あ、分岐が見えてきましたよ。

 

_20180409_212116

 

気持ちはまっすぐ進みたいところですが、木々の生い茂る日の陰った道へ。

分岐を歩いてすぐだというのに、日が当たらないせいか冬の名残が身を寄せ合い固まっていました。

_20180409_212515

うぅ。気を抜くと滑る滑る。

 

油断して三人ともアイゼンを持ってこなかったものですから、慎重にてっぺんを目指します。

_20180409_212944

どえーっ完全に雪残っとるやん!

 

…にも関わらず兄貴カナブンはレディーズそっちのけでひょいひょい登っていきました。鉄人め。

登りでここまで神経使うのは穂高以来じゃないか…なんて考えていると、頭上からブンブンズの歓声が降ってくるじゃあないですか。

雑念を振り払い、途中すっころぶもなんのこれしき、雪で固くなった登山道を登りきると…

 

_20180409_213419

うお、すげー!いい景色!!

(語彙力:小学校低学年レベル)

 

富士山、南アルプス、八ヶ岳の姿を確認。

さぁーここでも記念撮影といきましょう!

 

DSC05581

エクスプロージョン!

(英単語:中学校1年レベル)

 

予定していなかった行程と、予想外の風景。

行き当たりばったりにしては十分すぎる景色を堪能しました。

ささ、テントに戻りましょう。

 

 

PM04:00 富士見平

DSC_3107

カンパーイ!

 

シャウエッセンをお通しに瑞牆ビールで喉を潤します。

瑞牆ビールはくせがなくスッキリしていて、ビールがちょっと苦手なスタッフでもゴクゴク飲めました!

DSC_3109

全額レスキュー費用にあててるんだって!

どっかの山荘も見習った方が…ゴフゴフ

 

今宵のディナーは、かなぶんが美味しいお肉を振る舞ってくれました。

_20180409_215344

見よ…肉との会話を楽しんでいるぞ…

 

_20180409_215555

絶妙な塩加減に全米が唸った

 

 

体を動かした後のお肉、しみわたる~。

青空の元で美味しいお肉を頬張り、まさに贅沢なディナーでした。

DSC05591

〆のサーロインがこの上なく最高!

ごちそうさまでした。

 

 

お肉を平らげた後はテントの中でお酒とおつまみ。

くだらない話やこれまでの山行、スタッフの今後などジャンル様々な話題にたくさん笑って満足した一行は、最後にしりとりをしながら眠りにつきました。

_20180409_220624

 

それでも僕らはやってます

2018.3.31-4.1

 

ついに冬将軍が退陣して春本番ですね!

突き刺さるような張りつめた空気は時の経過と共に角がとれ、肌をやんわりと包んでは人々を外へ外へと手招いてくれるようになりました。

 

どうも、新年度1発目のブログは元アホの方が担当させていただきます。

「元」ってナニ?いや、そのままの意味。

もう歳も歳だし、そろそろわたくしのブログも真面目路線にインターチェンジする所存です。

その証拠にこの出だし見てくださいよ。もう1人のブログ担当を彷彿させるかのような真面目っぷりじゃないですか。

更生した私から小屋の様子をお届けしましょう。ほほほ

 

 

 

 

(あの…すみませんエイプリルフールでつい…)

 

 

DSC_3022

 

 

さてさて、年末年始ぶりに大倉を歩いた甲府在住スタッフ。

スタッフと名乗ることに異議を唱えられそうなレベルのご無沙汰っぷりでございます。

 

まず大倉でバスを降りたらどんぐりハウスが無くなっており…「シェーン!カムバーック!」状態でした。

駅前スーパーだと朝9:00開店のため、前日までに食料や飲物の準備ができなかったときにとても重宝していたのですが。

初めて大倉に降り立ったのは2014年12月と大倉歴はまだ浅いですが、大変お世話になりました。

どんぐりハウスさんありがとうございました。

 

しんみりしつついつもの道に足を向け、いつも通り丹沢ベースあたりで既に汗だく、「観音茶屋で休んじゃおうか…」という心の甘さに塩をふり、2,3メートル先を見つめ歩いていると。

 

いつもは迷うことなく右に進む展望台分岐。

が、今日からしばらくは左に曲がります。

右に進むより500m追加にはなってしまうのですが、左には4月ならではの景色を楽しむことができるんです。

4月ならではといえばやっぱり…

DSC_2997

そう、桜ですよね!

 

大倉高原山の家すぐ上にあるバカ尾根唯一のテント場、実は桜の名所でもあるんです。

ただ、今週はまだ早かった…!

来週以降が見頃かもしれません。

 

ちなみにスタッフは下山時に天神尾根を下るため登りでしかこの場所を訪れることができないのですが、早く山頂に行きたい方や傾斜のある山で500m追加は避けたい…という方は是非下山時に歩いてみてください。

 

DSC_3005

随所で春の訪れを感じました

 

 

ヒーヒーフーフー歩き、階段を登りきると…

 

DSC_3023

センスのねえPOPがお出迎えだ。

犯人?あぁ…自ら手を挙げてるので…

あえてここでは触れません

 

 

甲府スタッフ到着をもって、今週の花立スターティングメンバーが揃いました!じゃじゃん!!!

 

DSC_3085

誰だ「アホしかいない」って言ったの

 

 

オーナー守さん・でこさんは谷川岳へと遠征中でしたので、あいにくこの3人組が揃ってしまいました。

となるともう展開は決まっています。

 

DSC_3029

やりたい放題!

 

_20180401_193003

やりたい放題!!

 

received_1649969865093791

やきたい放題!!!

ウェーーーーーーーーーイ!!!!!

 

 

 

オーナーがこのブログを見るのはもはや時間の問題でしょう。だ、大丈夫…キッチン回りはちゃんときれいにしてきたはずだ…!

 

さ、このズッコケ3人組に出迎えられた今宵のお客様は(運良く)リピーターのお二人。我らのひとクセある愛が通じる方々でして。

DSC_3037

みんなで薪ストーブを囲んでお酒を楽しみました!まだ夜はストーブやってます。

相変わらずたらふく飲んでました。でへ。

 

 

…そろそろ真面目な所を証明しないと小屋主にしょっぴかれそうなので。

 

DSC_3072

かなぶん兄貴は「ご飯ご飯!」うるさいブロンズコンビにお得意のチャーハンを振る舞ってくれました。いつ食べてもおいしい!ありがとう!

 

DSC_3075

カメラ目線とおるちゃん

いつもブログのネタありがとう…

 

DSC_3093

かき氷も愛を込めて削ったよ!ね!

 

DSC_3094

購入いただいた美男美女にお声掛けしたところ、快くモデルを引き受けてくださいました。ありがとうございます~!

 

DSC_3079

(やべっサボってるとこだ)

 

 

DSC_3067

 

とまぁこんな感じで今週を無事?終えました。

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

 

さてさて少し先ですが、4月21.22日は恒例の山菜パーティーです!

心とお腹を山の恵みで満たしませんか?

お部屋はまだまだたくさん空きがございます!(悲しい)

スタッフ総出で皆様をお出迎えします。

 

ご予約おまちしておりまーす!

 

 

春の雪

各地から、桜の開花が届いています。

3月もあと1週間を残すのみになりました。そんな、春の到来とは裏腹に、お彼岸あけの丹沢は、ご覧のような積雪。

0324No4

 

水分をたっぷり含んだ春の雪、溶けるのも早い。これからしばらくは、泥道対策が不可欠です。

0324No1

 

いつもの土曜日と同じ天神尾根からの歩荷は、稜線の雪と芽吹きの準備を始めたブナを眺めながら、そして、大倉尾根との合流手前では、所によっては膝上までに達する雪との格闘と、変化のある一日でした。

0324No80324No7

花立山荘付近は、時折青空が顔を出すものの、気温の上昇のせいか、ガスに覆われた時間多く、天候の回復を期待してみえた登山者の期待を裏切ることとなっていました。

0324No50324No6

 

 

 

その分、翌朝は、麓からも一日中稜線が映えて、多くの登山者が、雪を纏った丹沢を満喫できたと思います。

ところで、いつものように歩荷のあとのトイレ清掃。気温の上昇とともに、バルブの凍結も解消され、不自由をおかけしていた水洗機能が復帰しました。これで、トイレ清掃も随分楽になります。それでも、水の不自由な山のトイレ、皆さんがいつでも気持ちよく使用できるよう、ご協力お願いします。

0324No20324No3